『学園祭グランプリ2017』MVPは、東京外国語大学 府中キャンパス「第95回 外語祭」 に決定! 過去最多エントリー110キャンパスの頂点に輝く学園祭

株式会社ぐるなび(東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)と、東京地下鉄株式会社(東京都台東区、代表取締役社長:山村明義)が共同で運営する東京のおでかけサイト「レッツエンジョイ東京」は、首都圏の大学祭ナンバーワンを決めるコンテスト「学園祭グランプリ2017」のグランプリ “MVP” に、東京外国語大学 府中キャンパス「第95回 外語祭」を選出し、表彰状および副賞を授与しました。

外語大らしい“新しい学園祭”を掲げ、初の試みとなる13の企画を実施。公式SNS・校内案内表示・キャンパスツアーの多言語化など、外国人に学園祭を知ってもらう企画に高い評価が集まった。また、学生それぞれの専攻語による語劇や、専攻語の国の料理を振る舞う模擬店は定番企画として人気を集めた。さらに、SNS映えする装飾をあちこちに施し、投稿を促したことが “全学生が参加している一体感が感じられる” と評価され、MVP受賞の大きな要因となった。

東京外国語大学 府中キャンパス 第95回 外語祭 実行委員会 委員長・増田 修平さんのコメント
食べたことのない料理、聞いたことのない言語、触れたことのない文化といった「新しい学び」ができる外語大ならではの学園祭を作るべく、この1年間活動をしてきました。私だけではなく実行委員会みんなの努力があったからこそのMVP受賞なので、大変光栄に思います。

9回目を迎える本コンテストでは過去最高の110キャンパスが参加しました。今年はより公正な選出を行うために審査方法を一新。一次審査の書類審査では、現役の学園祭実行委員約60人を審査員に迎え、学園祭開催後に提出されるレポートをもとに、【大学・学生独自企画】【地域活性企画】【国際交流企画】の3つの部門を審査し、学生の目線で審査を行いました。続く、二次審査では初のプレゼン審査を導入し、昨年度の学園祭グランプリ上位10キャンパスの実行委員会(2016年度の委員長 または 役職者)を審査員に迎えて厳正な審査の上、MVPを決定いたしました。