南伊豆町「第20回みなみの桜と菜の花まつり」開催!今年は20周年記念イベントも開催 ~ “河津桜”のもうひとつの名所~

人ごみも少ない、ゆったり見られる穴場スポット
伊豆半島最南端の静岡県南伊豆町では、2月上旬から3月上旬にかけて早咲きの桜約800本と土手の菜の花が花開きます。桜の開花に合わせ、2018年2月10日(土)~3月10日(土)には、今年で20年目となる「第20回 みなみの桜と菜の花まつり」が開催され、町の中心を流れる下賀茂温泉・青野川の土手一面は、鮮やかな河津桜のピンク色と菜の花の黄色の世界となります。
桜並木のある青野川の約2kmの間は、温泉の湯けむりを背景に、緩やかなカーブを描きながら流れ、多くの橋も架かります。土手から、橋上から、フォトジェニックな撮影ポイントが多数あるのも魅力の一つです。

そして、18時からは桜のライトアップもはじまり、薄暮にはショーを見るかのごとく、刻一刻と表情が変化。西の空から美しいグラデーションに染まり、幻想的な世界が広がります。
桜の名所も多い伊豆のなかでも、ここ南伊豆町は混雑も少なく、開放感のある景観とあいまって、ゆったりと桜を眺めることができ、訪れる方の満足度が高いのが特徴です。

黄色いじゅうたんで菜の花に囲まれる
また、桜並木東端の日野(ひんの)地区には、地元の人たちの手によって育てられた菜の花畑があり、約3ヘクタールもの広大な休耕田が、一面の黄色いじゅうたんに変わります。菜の花畑の中には木製の通路が巡らせてあり、菜の花に囲まれた写真が撮れる、絶好の自撮りスポットになっています。
その他、菜の花畑では、2月11日(日)に公募カップル1組による人前式の「菜の花結婚式」も執り行われます。

<イベント> 今年は20周年を記念して、特別イベントも開催します
■ガラガラポン抽選会(20周年特別イベント)
期間中全日 道の駅「下賀茂温泉湯の花」
桜並木をコースにしたウォークラリー参加者を対象に、ハズレなしの抽選会。オリジナルグッズが当たります。
■オープニング神事
2/10(土) 会場:日野・菜の花畑
■菜の花結婚式
2/11(土) 会場:日野・菜の花畑
■お花見人力車
2/15(木)~3月1日(木)(20周年特別イベント)
※料金・コース・時間等の詳細は、決定次第、南伊豆町観光協会のホームページに掲載いたします。
■夜桜と菜の花イルミ(20周年特別イベント)
2/17(土)~2月25日(日)道の駅「下賀茂温泉湯の花」裏
今年は道の駅裏手の対岸に菜の花イルミネーションを設置。 夜桜をよりいっそう華やかに彩ります。
■ノルディックウォーキング
2/18(日) 受付9:30 会場:青野川ふるさと公園
■伊勢海老みそ汁デー
2/18(日)・25(日) 11:00~、13:00~ 会場:下賀茂商店街「ミロー」駐車場
■南伊豆・軽トラ市
2/25(日) 10:30~15:00 会場:南伊豆町役場駐車場

20周年記念!みなみの桜と菜の花まつり」フォトコンテスト
今年で20回目を迎え、青野川沿いの桜も20年前に比べ立派に成長し、見ごたえのある桜となりました。これからもより多くのお客様にご鑑賞いただきたく、入賞作品は来年のポスターなど、さらなる情報発信に活用させていただきます。
■テーマ:みなみの桜と菜の花まつり ~ひとあし早い春~
■応募期間:2/10(土)~4/15(日)※撮影期間は3/15(木)までに限ります。
■賞品:最優秀賞 賞金5万円ほか
応募要項はこちら http://www.minami-izu.jp/contest-entrance.html?id=123345&cn=2

2018年 開花予測情報
静岡県農林技術研究所伊豆農業研究センターの1/25発表の予測では、昨年12月の気温の低下と今後1ヶ月の気温も平年に比べて1℃低い予報となっていることから、今年のカワヅザクラの開花は昨年、一昨年より遅く、南伊豆町での開花(2分咲き)は2/24、満開(7分咲き)は3/5と予測されています。
1/27現在、南伊豆町観光協会の現地情報では、道の駅裏手では1本の樹木に20~30輪が既に花開いており、つぼみ先が出始めているのが確認されています。場所によって日照などの条件も異なるため、2/20以降には充分お花見ができるものと推測しています。