茨城県

茨城・こもれび森のイバライドで春の花畑が5月頃まで見頃  30万本以上のネモフィラとチューリップが美しく咲き誇る

「こもれび森のイバライド」(運営:株式会社ファーム、本社:愛媛県西条市、代表取締役社長:高井 裕二)では、ネモフィラとチューリップが見頃を迎えています。
ネモフィラは5月中旬頃まで、チューリップは4月下旬頃まで美しい姿を見ることができそうです。(天候により前後する可能性があります。)

茨城県稲敷市にある体験型農業公園「こもれび森のイバライド」では、入園ゲートをくぐった先にある総面積2,500平米の花畑にて、春の花であるネモフィラとチューリップをご覧いただくことができます。ネモフィラは晴天の空のような清々しい青色が特徴の花で、当園では約30万本のネモフィラを入園ゲート先の左右の花畑で見ることができます。またチューリップは春の代表的な花で、当園では3品種、約18,000本のチューリップが群生しています。これらのネモフィラ畑とチューリップ畑は隣接しているため、一度にご覧頂くことができ、ネモフィラの青色とチューリップの温かい色の美しいハーモニーを楽しむことができます。
また近くにはヨーロッパ風情のある建物を望むことができます。風景写真はもちろん、人物を写したポートレート撮影などにはうってつけです。
ネモフィラは5月中旬頃まで、チューリップは4月下旬頃まで美しい姿を見ることができそうです。(天候により前後する可能性があります。)

■施設情報
施設名  : こもれび森のイバライド
所在地  : 茨城県稲敷市上君山 2060-1
電話番号 : 029-892-3911
営業時間 : 10:00~17:00 (季節により変動あり)
入場料  : 大人(中学生以上) 1,000円
小人(4歳~小学生) 600円
3歳以下  無料
駐車場  : 乗用車1台 500円
公式サイト: http://www.ibaraido.co.jp/