【大会開幕まで4週間】 『第8回世界盆栽大会inさいたま』 サブ会場でも様々なイベントを開催いたします

埼玉県

posted by myAdmin

第8回世界盆栽大会inさいたま実行委員会(委員長:加藤初治)は、4月27日(木)から30日(日)まで、さいたま市のさいたまスーパーアリーナほかで世界中の盆栽愛好家が一堂に集い学び交流する『第8回世界盆栽大会inさいたま』を開催いたします。
この大会期間中、メイン会場であるさいたまスーパーアリーナでは世界大会本大会が行われ、コミュニティアリーナでは日本全国より300席を超す名品が出品される、世界最高峰・最大規模の盆栽展示会「日本の盆栽水石至宝展」を開催します。
そして、サブ会場となる「さいたま市大宮盆栽美術館」「武蔵一宮氷川神社」「大宮盆栽村」でも様々なイベントを開催し、開館時間も延長するなど、エリア一体となって本大会を訪れた方々に盆栽の魅力を伝えてまいります。


【1】さいたま市大宮盆栽美術館
■開館日時
4月26日(水)     :臨時休館
4月27日(木)~30日(日):9:00-18:00
※木曜休館日のところ大会期間中につき臨時開館

■観覧料
世界盆栽大会登録者       :無料(回数制限無し)
日本の盆栽水石至宝展入場券購入者:割引(団体料金適用/1回のみ)
[通常]一般 300円(200円) 高大生・65歳以上 150円(100円)
    小中学生 100円(50円)
※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額
※( )内は20名以上の団体料金

■盆栽界の至宝「五葉松 銘 日暮し」の展示
盆栽界の至宝「五葉松 銘 日暮し」を約6年ぶりの特別公開
【展示期間】
世界盆栽大会:4月27日(木)~4月30日(日)
大盆栽まつり:5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)
※「第8回世界盆栽大会inさいたま」記念特別展 盆栽―さいたま発の世界ブランド―開催中。

■安倍晋三首相の所蔵品「五葉松 銘 輪の舞」の展示
第8回世界盆栽大会のさいたま市誘致支援と2020年東京五輪の誘致決定を記念して、大宮盆栽協同組合から安倍首相に寄贈された五葉松を展示します。
安倍首相の祖父にあたる岸元首相が愛蔵していた、当館所蔵盆栽「花梨」との競演をご覧いただけます。
【展示期間】
世界盆栽大会:4月27日(木)~4月30日(日)
大盆栽まつり:5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)

■テラスで「盆美カフェ」
地元商店会のご協力のもと、当館テラスで軽食をご提供します。
「世界盆栽大会」4月27日(木)~30日(日)9:00-18:00
「大盆栽まつり」5月3日(水・祝)~5日(金・祝)9:00-16:30

■さいたま市内小学生の盆栽作品展
土曜チャレンジスクールなどを通し、世界盆栽大会に向け、さいたま市内の小学生が授業で作り、育てている盆栽約250鉢を展示します。
日時 :4月27日(木)~4月30日(日)9:00-18:00
会場 :講座室
参加校:宮前小学校/栄小学校/岸町小学校/辻南小学校/谷田小学校/
    大牧小学校/城南小学校/慈恩寺小学校

■特別ギャラリーツアー
大宮盆栽美術館ガイドによる盆栽鑑賞のギャラリーツアーを行います。
日時:4月27日(木)~4月30日(日)/5月3日(水・祝)~5日(金・祝)
   各日(1)11:00~ (2)13:30~ (3)15:00~
会場:コレクションギャラリー/盆栽庭園ほか
定員:各20人程度
※当日有効な観覧券をお持ちの上、ガイド受付(ロビー)にお集まりください。
※4月30日(日)のみ11:00~/13:30~の2回開催となります。

« 前の記事 次の記事 »

この投稿に付けられたコメント(0件)