世界505店舗の台湾スイーツ店が日本初上陸! 『MeetFresh 鮮芋仙』東京・赤羽に4月8日オープン

東京都

posted by myAdmin

アジア諸国を中心に世界で505店舗を展開する台湾スイーツ店『MeetFresh 鮮芋仙』は2017年4月8日(土)、日本初上陸となる日本本店を、東京・赤羽にオープンいたします。


伝統的な製法で無添加・手作りの王道台湾スイーツを提供する『MeetFresh 鮮芋仙』(ミートフレッシュ・シェンユイシェン)は、世界で505店舗(台湾12店舗、中国459店舗、韓国10店舗、アメリカ2店舗、オーストラリア12店舗、ニュージーランド5店舗、ベトナム3店舗、カナダ2店舗)を展開、今やアジアを代表する台湾スイーツ店です。

▼『MeetFresh 鮮芋仙』: http://www.meetfresh-tokyo.jp
【『MeetFresh 鮮芋仙』とは】
台湾台中豊原の代々続く農家で生まれ育った温厚篤実な傅姉弟の二人が真心込めて作る伝統的なスイーツ「芋園(イモエン)」「仙草(センソウ)」「豆花(トウファ)」を、添加物を使用せず、はじまりの一品から今も変わることなく、手作りにこだわり続けて提供する台湾でもっともポピューラーなスイーツ店です。
台湾では小さいお子様からお年寄りまで幅広い層に愛され続け今や国境の枠を超えて世界各地で広がり始めています。
日本国内でもめっきり数が減ってしまった甘味処にある、日本を代表するデザートのあんみつやおしるこによく似た安心感と安定感のあるスイーツを提供する『MeetFresh 鮮芋仙』は、旅行で台湾へ訪れた方からも高評価を得ています。

« 前の記事 次の記事 »

この投稿に付けられたコメント(0件)