一般社団法人JAPAN47(6月法人化予定)では、5月25日、26日の両日埼玉県のロボット実証フィールドにて、ドローンによる家屋調査の有用性の実証実験を開催!ドローンによる家屋調査の有用性の実証実験を、埼玉県を中心とした建設関連会社に公開

埼玉県

posted by myAdmin

一般社団法人JAPAN47(ジャパンフォーセブン)*1では、埼玉県のロボット実証フィールド(旧 埼玉県立毛呂山高等学校:埼玉県入間郡毛呂山町西大久保525)をお借りして、ドローンによる家屋調査の有用性の確認や、赤外線カメラによる建造物の劣化診断・漏水調査の実証実験を5月25日・26日の両日行います。
雨天中止となります。
*1現在法人化の準備を進めております。2017年6月に法人化の予定です。


建設関連会社に実証実験を公開
今回開催するドローンによる家屋調査の実証実験を、埼玉県を中心とする建設関連会社の方々に公開させていただきます。
実証実験を通して、いかに建設業界においてドローンが有効なツールであるかを実感していただき、調査依頼主の方にも費用負担軽減に繋がることを理解していただきたく、実験を公開させていただきます。

一般社団法人JAPAN47とは
JAPAN47は、2017年1月に建設関連業界において、ドローンを業務に活かし、平常時は家屋調査などの一般業務を行い、 災害などが発生した際には、「ドローン災害対策建設teamとして、災害復旧の一翼を担うことを目的に、任意の団体として設立いたしました。
設立から4ヶ月で、すでに100社を超える建設関連会社から、賛同をいただき、加盟いただいております。
任意団体では、災害時の自治体との連携やドローン関連団体との提携に支障が出ると考え、現在6月の一般社団法人化に向けて、準備を進めております。


ドローン実証実験概要
・開催場所  :旧 埼玉県立毛呂山高等学校:埼玉県入間郡
       毛呂山町西大久保525
・開催日時  :2017年5月25日、26日 12:00~16:30
      (雨天中止)
・使用ドローン  :可視カメラ搭載ドローン約20機、
         赤外線カメラ搭載ドローン約5機
・協力  :埼玉県先端産業プロジェクト

JAPAN47加盟条件
・DPA公認のドローン操縦士養成学校にて、ドローンライセンスを取得すること
・自社で建設関連工事を実際に行っていること
・損害保険に関する知識を一定以上持つこと
・災害対策建設Team「JAPAN47」の理念に共感し、災害時には担当地域で活動すること

« 前の記事 次の記事 »

この投稿に付けられたコメント(0件)