横浜スタジアムに日産自動車再び!新リリーフカー「日産 リーフ」初登場 ~ ラミレス監督「優勝して、横浜をパレードできることを楽しみにしています!」 ~「日産自動車株式会社 新スポンサーシップお披露目式」

神奈川県

posted by myAdmin

日産自動車株式会社は、横浜DeNAベイスターズとのスポンサーシップ契約を締結したことを発表し、『新スポンサーシップお披露目式』を3月29日(水)に横浜スタジアムで行いました。


新スポンサーシップお披露目式』で、横浜DeNAベイスターズ 岡村信悟社長からは、「横浜から世界に魅力的な車を発表し続けている、日産自動車様と今回このようなスポンサーシップを結ぶことができ、私たち球団だけではなく、ファンの皆様にも喜んで頂けることだと思います。」と挨拶されました。


ラミレス監督も「日産自動車は横浜の企業で、そして私たちも横浜の野球チームです。日産とベイスターズがチーム横浜として一つになり、今年は必ず優勝して横浜をパレードできることを楽しみにしています!」と、シーズンへの意気込みを語りました。


横浜スタジアムへの広告看板の掲出は、ベイスターズが日本一に輝いた1998年以来、約20年ぶりとなり、センターカラービジョンの上部と、スタジアムに新たに設置された照明塔看板に日産自動車の熱い想いが表現されています。これらの看板に、打球を当てることができると、打者へ日産自動車から電気自動車「日産 リーフ」がプレゼントされることになっています。

一夜限りの「見世物小屋」。トラウマ必至のパフォーマンスイベント「サディスティックサーカス2017 Spring」が、4 月22 日新宿FACE にて開催!

東京都

posted by myAdmin

超越した身体能力をもつパフォーマーが世界中から集い、一晩中ショーを繰り広げる、エンターテインメントとアートが融合したイベント「サディスティックサーカス2017 Spring」を4月22 日に開催します。新宿FACE(東京・新宿)のプロレスリングを活用した舞台は、360 度すべての角度から鑑賞可能。思わず悲鳴を上げてしまうような驚異の肉体芸から、セクシーなバーレスクや個性派ダンサーたち、緊縛ショーまで、二十歳未満入場禁止の究極のエンターテイメントをオールナイトで実演します。


サディスティックサーカス事務局は、2002年の初開催から15周年を迎える“大人のトラウマ”をテーマにした禁断のサーカス「サディスティックサーカス2017 Spring」を東京・新宿の新宿FACEで4月22日(土)に実施します。
コンセプトである「真夜中の巨大な見世物小屋」を体現すべく、会場に国内外から招いた一流パフォーマー11組が、朝までノンストップで刺激的でアンダーグラウンドなショーを繰り広げます。

■「大人のための」エンターテイメントのフルコース、国内外の超人パフォーマー達が大集結。
2002年の開催以来、一貫して「真夜中の巨大な見世物小屋」をコンセプトに公演を重ねてきました。この夜のために豪華絢爛で魑魅魍魎、好奇心を刺激して止まない出演者たちが集結し、夜が明けるまでの間、多種多様のパフォーマンスのセッションを繰り広げます。
会場はアメリカの古い見世物小屋の看板が張り巡らされ、サーカスの円形舞台を彷彿とさせるプロレスリングを使用した360度の舞台が設営されます。臨場感たっぷりの雰囲気と、気分が昂揚する佇まいに、会場は毎年興奮の渦に包まれます。

■超人にして個性的、一夜限りのスペシャルな出演者をご紹介
本格的で肉体的なサーカスショーをはじめ、幻想的でフェティッシュな大人向けのパフォーマンス、笑いやさわやかな体験をもたらすステージなど、多彩で個性的なプログラムが朝までノンストップで続きます。ここでは、2017年春のサディスティックサーカスの注目パフォーマーの一部をご紹介します。

1.スクイドリング・ブラザーズ(Squidling Brothers)

 

アメリカよりサイドショーグループのスクイドリング・ブラザーズが来日。

剣呑師、全身タトゥーの男、電気人間……まさに見てはいけない者のオンパレード。

人間離れした超人たちが、日本の見世物小屋にも近い、この伝統的なサーカス芸である「サイドショー」を披露します。

 

2.龍崎飛鳥

電光石火の縄さばきと意表を突く場面転換において、もはや右に出る者はいない当代一の女流緊縛師、龍崎飛鳥が登場。

龍崎のパフォーマンスは、国内外問わずアーティスティックな側面が注目されている緊縛ショーを、自由な発想とサプライズで、観る者の脳内に強烈な印象と感動を刻むエンターテインメントへと昇華させます。

 

 

 

3.サエボーグ

サエボーグはラテックス製のラバースーツを自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティストです。「第17回岡本太郎現代芸術賞展」にて岡本敏子賞受賞以来、六本木アートナイト等で幅広く活躍し、期待が高まるアーティストです。

パフォーマンスでは、豚や羊の形をしたポップでキュート、時にアイロニカルな家畜たちが登場し、ステージを彩ります。

 

4.Midori

サンフランシスコを拠点に、緊縛パフォーマンスで各国のフェティッシュイベントに出演する傍ら、サンフランシスコアジア美術館をはじめ、ウィーンやアムステルダム、メキシコなどで展覧会やインスタレーションを行うアーティスト。

今回、サディスティックサーカスで披露するYamamba(山姥)は、90年代後半からMidoriが取り組んできた代表的な演目であり、記憶や欲望といった潜在意識と、聖とエロティシズムの狭間を往来しながら、神聖なる魂の浄化を目指します。アーティなショー展開に注目です。

 

その他も多彩なパフォーマーが登場します。

5.まろ(ジャグリング)

6.フープ東京AYUMI(フラフープ)

7.おベガス!(ダンスチーム)


他にもキツイ・キタナイ・キケンの「3Kミュージカル劇団」ゴキブリコンビナート、女ハラキリ切腹ショーの早乙女宏美、コンテンポラリーダンスのPOPHEADS!、サルサ&バーレスクなLA KEIKOが登場します。


■「サディスティックサーカス2017 Spring」開催概要

イベント名称:サディスティックサーカス 2017 Spring

日時:4月22日(土)午後11時~翌午前5時(予定、開場:午後10時)

会場:新宿 FACE(東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7階)

料金

指定席:前売り13,000円/当日14,000円

立見席:前売り10,000円/当日11,000 円

チケット販売:イープラス(http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002217125P0030001P0006


出演:SQUIDLING BROTHERS、Midori、龍崎飛鳥、AYUMI(フープ東京)、サエボーグ、まろ、おべガス!、POP HEADS!!、LA KEIKO produce、Burlesque Show、早乙女宏美、ゴキブリコンビナート、総合司会:山田広野

注意事項

*20 歳未満入場不可、要 ID(年齢が確認できる写真付IDカード必須)

*ドリンク代(500 円)を別途入場時支払い

*出演者については公式サイトで要事前確認

*予告なく出演者および内容変更の場合あり

内容紹介ページ:http://www.sadistic-circus.com/

Twitterアドレス:@sadistic_circus


【サディスティックサーカス事務局について】

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-7 東成ビルB2F ヴァニラ画廊内

電話番号:03−3524−8102

URL:http://www.sadistic-circus.com/

事業内容:イベント企画・運営 他


【一般の方向けのお問い合わせ先】

サディスティックサーカス事務局

TEL:03−3524−8102

Email: メールフォームよりお問い合わせください。(http://www.sadistic-circus.com/mail/

きのこ狩り・きのこ料理が楽しめる観光きのこ農園 「長野・伊那きのこ王国」が4月8日(土)に開国祭を開催!

おもしろい

posted by myAdmin

2017年でオープン3年目を迎えるきのこのテーマパーク、長野・伊那きのこ王国(伊那スキーリゾート、運営:株式会社伊那リゾート)は、2017年4月8日(土)に今シーズンの営業を開始いたします。


きのこ王国は、きのこ狩り、きのこ料理、子供向けアトラクション、きのこ加工品などの買い物を楽しめる観光施設であり、2015年4月にスキー場のグリーンシーズンの営業施設としてオープンし、地元や中京圏からのファミリー、地域の団体、中京圏や関東からのバスツアーなどを中心にご利用いただいております。
2017年は新たに、南アルプスを望むBBQガーデンや採ってすぐ食べられる焼ききのこ体験コーナー、子供向け設備の増設など新しい取り組みも行い、4月8日(土)にはオープニングイベント『きのこ王国開国祭』を開催いたします。なお、2017年は11月末まで毎日営業します。

【2017年きのこ王国のトピックス】
1、BBQガーデンの新設(4月末OPEN予定)
既存のBBQテラスとは別に、屋外に持ち込みOKの南アルプスの眺望抜群のBBQガーデンを新設(別途利用料要)。タープなどのレンタル品や炭・セット食材の販売等もあるので手ぶらBBQも可能。

2、焼ききのこ体験コーナーの新設(利用料無料/セルフサービス)
採れたてきのこをその場で焼いて楽しめるコーナーを新設。(きのこ狩りは別途量り売り)
採ったばかりの新鮮きのこの格別の味を楽しめます。

3、子供向けアトラクション増設
既存のトランポリンやソリ、ストライダーに加え、レストラン内にもキッズスペースを新設。屋外アトラクションは500円で遊び放題!レストラン内キッズスペースは無料で利用できます。

4、レストラン新メニュー『きのこ王国火鍋セット』
白湯スープにたっぷりきのこでいただく薬膳鍋セット。ヘルシーきのこ+薬膳で身体も喜ぶ新メニューは、きのこ王国ならではの新鮮きのこをたっぷり使用し、きのこの風味満点!

【2017年4月8日(土)オープニングイベント『きのこ王国開国祭』】
・きのこ狩り&焼ききのこ試食無料体験(10時~)
・高級きのこポルチーニアイス試食サービス(10時~)

■長野・伊那きのこ王国 概要
名称   : 長野・伊那きのこ王国
所在地  : 長野県伊那市西春近3390(伊那スキーリゾート)
開園期間 : ~11月26日(日)まで (予定) ※期間中無休
開園時間 : 10:00~17:00(最終入園 16:30)
入場料  : 無料
運営会社 : 株式会社伊那リゾート
URL    : http://kinokoookoku.com/

「秋葉原に“1ポンド”の『メガローストビーフ丼』登場! ボリューム満点のジューシーなお肉と玉ねぎソースが絶品。 Mango Terrace Dining Barで3月25日より販売開始」~ 春フェアとして旬の食材を使った季節限定のお料理も同時販売 ~

東京都

posted by myAdmin

セドナグローバル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:宮下 美智子)が運営する「Mango Terrace Dining Bar」は、シェフが独自の手法で手掛けた自家製ローストビーフと玉ねぎを使った自家製ジャポネーソースでつくった『1ポンドメガローストビーフ丼』を2017年3月25日(土)から販売いたしました。


■『1ポンドメガローストビーフ丼』について
毎日シェフが一つ一つ丹念に作って焼き上げたローストビーフを、お皿からあふれ出すほどのせています。玉ねぎを使った「自家製ジャポネーソース」をかけて山盛りローストビーフの頂上に添えている卵黄と絡めてお召しあがりいただけます。柔らかくてジューシーな「ローストビーフ」と「自家製ジャポネーソース」に、味をまろやかにさせる「卵黄」が絡み合う最高の組み合わせとなっております。“お肉好き”にはたまらない、ボリューム満点のおすすめの一品です。その後マンゴーとクリームサワーチーズを使用した特性マンゴーソースをつけていただくことで、味の変化をお楽しみいただけます。

<メニュー概要>
1ポンドメガローストビーフ丼   2,380円(税込)
和牛1ポンドメガローストビーフ丼 3,580円(税込)
春フェアについては、春の食材や彩り豊かなオリジナル商品をご提供いたします。

【店舗概要】
店舗名 :Mango Terrace Dining Bar
所在地 :〒101-0021 東京都千代田区外神田4-4-3 小木曽ビル6階
アクセス:地下鉄銀座線 末広町駅 1番出口 徒歩2分
     JR 秋葉原駅 電気街口 徒歩5分
営業時間:11:30~21:30(無休)
電話番号:03-3527-1485

『茨城空港フェスタ2017』就航都市として参加決定!3月26日(日)より片道約3時間の「茨城=那覇線」直行便が再就航することを記念して開港7周年記念イベントにて、沖縄県の特産品販売や沖縄の伝統芸能“エイサー”を披露!

茨城県

posted by myAdmin

『茨城空港フェスタ2017』は、茨城空港が2017年3月11日に開港7周年を迎えたことに加え、3月26日にスカイマーク(SKY/BC)による「茨城=那覇線」の直行便再就航と、「茨城=札幌線」の増便を記念して開催するイベント。OCVBでは、本イベントに就航都市として参加し、海ぶどうやちんすこうなど沖縄県ならではの特産品の販売や、沖縄の盆踊りとして知られる伝統芸能“エイサー”を披露する。 


「茨城=那覇線」は、2010年に開港した茨城空港と那覇空港を片道約3時間で結ぶスカイマーク(SKY/BC)の運航路線だ。今回の直行便化により、これまで片道約4時間以上かかっていた神戸空港経由便よりも移動時間を約1時間以上短縮。茨城県在住の方や北関東圏にお住まいの方にとって、沖縄への旅がますます近く、便利になった。
 OCVBでは、今回の「茨城=那覇線」直行便再就航と、『茨城空港フェスタ2017』参加を通じて、今後もまだ知られていない離島を含めた沖縄の魅力を皆様へ伝えていく。

<『茨城空港フェスタ2017』 沖縄県実施概要>
■特産品販売
・日時 : 3月24日(金)~26日(日) 各日10:00~15:00
・場所 : 茨城空港ターミナルビル1階ロビー
・内容 : 海ぶどうやちんすこう、紅芋タルト、沖縄そばなど沖縄県ならではの特産品の販売


■ステージイベント
・日時 : 3月26日(日) 12:15~12:45(予定)
・場所 : 茨城空港ターミナルビル2階送迎デッキ
・内容 : 国内に留まらず、海外にも活動の場を広げる沖縄の伝統芸能“エイサー”のパフォーマンス集団「琉球國祭り太鼓」が総勢16名で迫力満点のステージを披露

≪エイサーパフォーマンス集団 「琉球國祭り太鼓」 プロフィール≫
沖縄の伝統芸能エイサーをベースに、空手の型を取り入れた独自の振り付けとダイナミックなバチさばきで、今や沖縄を代表し、若者に圧倒的な人気を誇る創作太鼓集団。1982年に沖縄市の泡瀬を中心とした若者たちによって結成されて以来、沖縄が大切にしてきた「迎恩」の心を打ち響かせてきた。沖縄を超え、日本国内46支部・海外12支部、総勢2,500名余り(2016年2月現在)の規模を誇る現在も、沖縄の文化を世界へと発信するべく、新たなる感動の創出に取り組んでいる。

<「茨城=那覇線」直行便運航概要>
■運航日:3月26日(日)以降、1日1往復 ※通年運航
■運航スケジュール:【SKY531便】茨城空港11:00出発→那覇空港14:00到着
                            【SKY532便】那覇空港14:10出発→茨城空港16:45到着
■運航機材:ボーイング737-800型機
※運航スケジュールの詳細については、茨城空港の公式HP(http://www.ibaraki-airport.net/)参照。

 1 2 3 4 5 6 »次へ  Last ›