ラゾーナ川崎プラザにてmiwaを招いてスペースシャワーTVの公開収録を実施。360度会場を埋め尽くす3000人の観客の前でニューアルバムから4曲を披露!

神奈川県

posted by myAdmin

株式会社スペースシャワーネットワーク(代表取締役社長:清水英明、本社:東京都港区)が運営する、日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVは、ゲストにmiwaを迎え、レギュラー番組「スペシャのヨルジュウ♪」の公開収録を2/25(土)にラゾーナ川崎プラザにて実施致しました。



このイベントは、スペースシャワーTVとラゾーナ川崎プラザのコラボレーション「LAZONA LOVES MUSIC supported by SPACE SHOWER TV」の一環として行われたもの。ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場グランドステージを4階まで360度埋めつくしたカップルやファンなど総勢3000人の観客の前でmiwaはライブを行い、2/22(水)にリリースされたばかりのニューアルバム「SPLASH☆WORLD」から、アルバムリード曲「SPLASH」や、自身が主演を務める映画「君と100回目の恋」の劇中歌としても知られる「アイオクリ」など4曲を披露。「LAZONA VALENTINE」、「LAZONA WHITEDAY」のスペシャルサポーターを務めるmiwaは、ライブの後のトークショーでバレンタインやホワイトデーの思い出を語るなど、司会の三原勇希と共にガールズトークに華を咲かせた。

この公開収録の模様は、スペースシャワーTVのレギュラー番組「スペシャのヨルジュウ♪」にて3/15(水)と22(水)の2週にわたりオンエア予定。


イベント概要
日時: 2/25(土)15:00~
場所: ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場グランドステージ(神奈川県川崎市幸区堀川町72-1)

M01. Princess / M02.アイオクリ / M03.夜空。 / M04. SPLASH

放送概要
スペースシャワーTV「スペシャのヨルジュウ♪」
VJ: ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、GEN(04 Limited Sazabys)、矢本悠馬、三原勇希
アシスタントVJ:あっこゴリラ
放送日時: 3/15(水)22:00〜23:00、3/22(水)22:00~23:00
WEB: http://sstv.jp/yoru10

スペースシャワーTVのエントランスを開放し、アーティストが自由に訪れる音楽情報番組!毎週火曜にスペシャアプリで生配信、その翌日である水曜にはその模様をスぺースシャワーTVでオンエアという、新しい放送形態でお届け。

昨年12万人動員! 「パンのフェス 2017 in 横浜赤レンガ」 今年は70店を超すパン屋さんが集結 ~超人気パン屋さん4店との限定オリジナルパンの予約受付中~

神奈川県

posted by myAdmin

ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区東、代表取締役社長:矢内廣)は、出版取次の日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区神田駿河台)と共同で、2017年3月3日(金)~5日(日)の3日間、横浜赤レンガ倉庫前イベント広場にて「パンのフェス2017 in 横浜赤レンガ」(http://pannofes.jp/) を開催します。


初開催だった前回は約12万人が来場し、日本最大級のパンイベントとして話題になりました。2回目となる今回は、パン屋さんエリアを前回の約2倍に拡大し、さらに70店を超える人気パン屋さんが集結。前回も大人気だったおなじみの名店や全国各地から集まったニューカマーのお店など、要注目のパン屋さんばかりが出店の予定です。

現時点での出店店舗は、以下のとおりです。
*店舗によって出店日・出店時間などが異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。

■麻布十番モンタボー  ■AFFIDAMENTO BAGEL(アフィダメントベーグル)    ■アンテンドゥ 
■石窯パン ふじみ    ■ウルス   ■おへそカフェ&ベーカリー   ■THE OPEN BAKERY ■神奈川県パン屋の会 ■カフェプラネットショコラ  ■カメハメハベーカリー■カラヘオベーカリー  ■coco bagel  ■小麦と酵母 満   ■代官山シェ・リュイ   ■ソルカノルカ   ■ドミニクドゥーセの店  ■トライベッカベーカリー   ■Natural Meal Lab.    ■日本百貨店   ■新潟地粉パンの店 cosa  ■菱田ベーカリー ■Fusubon(フスボン)  ■ブーランジェリー アツシ  ■ブーランジェリー ア・ラ・ドゥマンド   ■ブーランジェリー タテル ヨシノ プリュス   ■ブーランジェリーラフィ  ■ブーランジェリー ルレイ     ■Brioche Dorée ラスカ茅ヶ崎店   ■breadworks     ■ブレドール葉山  ■ベーカリー ペニーレイン   ■ボンジュール・ボン   ■ボンヌ・ジュルネ  ■ポンパドウル    ■MAGOME   ■満寿屋商店 ■マダムルージュ   ■麦カフェ       ■MEINA    ■メゾンカイザー  ■焼きたてパンの店 エンゼル  ■焼きたてパン工房 ゆうは     ■横浜市綜合パン協同組合    ■横浜パンの家   ■recette    ■LE BIHAN  ■ワッフルハウス カリヨン ほか
※50音順


さらに、超人気パン屋さん4店とのコラボによる本イベント限定オリジナルパンを、個数限定で「チケットぴあ」にて予約販売いたします。
【購入方法】 チケットぴあにて予約販売中(http://w.pia.jp/t/pannofes/)
※限定数に達し次第、予約販売は終了
【受取方法】 パンのフェス2017 in 横浜赤レンガ会場にてお渡し
※受け取り場所は公式サイトにて公開します。


◆シニフィアン シニフィエ  「ロゼ プランタニエ」
昨年に引き続き、東京・三軒茶屋にある人気店「シニフィアン シニフィエ」のオリジナルパンが実現。3月3日のひな祭りをイメージして、フランス語で「春のバラ」と名づけられた「ロゼ プランタニエ」は、シェフ・志賀勝栄氏によると「赤ワインとカシスリキュールに漬けたラズベリー、イチゴ、クランベリーと、キャラメル、そしてバラの花をいれて焼き上げました。口に入れるとジューシーなフルーツと、キャラメルのコク。そしてバラの香りが広がります。 ピスタチオの緑色も、ひな祭りの「菱餅」を思わせるアクセントになっています。」とのこと。パン好きなら一度は味わってみたいスペシャルパンです。
販売価格:3,600円
販売数:限定300セット(各日100セット)

【「パンのフェス 2017 in 横浜赤レンガ」 イベント概要】
日 程: 3月3日(金)11:00~19:00
     3月4日(土)11:00~19:00
     3月5日(日)11:00~17:00
   ※パン屋さんエリアは各日17:00まで
会 場 : 横浜赤レンガ倉庫前イベント広場
料 金 : 入場無料
★ただし、パン屋さんエリアのみ先行入場 11:00~14:30 300円(税込)
 一般入場 15:00~17:00 無料
公式サイト: http://pannofes.jp/
主 催 : パンのフェス実行委員会 (ぴあ株式会社・日本出版販売株式会社)

2(ニャン)月22(ニャンニャン)日は“ねこの日”!昨今のねこブームを受けて、『ねこ心地~ねこと暮らす器展~』を開催!横浜高島屋では、2月22日の”ねこの日”に合わせ、 暮らしの中でねこちゃんモチーフのモノを飾りたい!使いたい! という方にオススメの展示販売イベントを開催致します。

神奈川県

posted by myAdmin

ねこ好き必見!横浜高島屋では、2月22日の”ねこの日”に合わせ、ねこにまつわる展示販売イベントを開催致します。
『ねこ心地~ねこと暮らす器展~』
■2月22日(水)~2月28日(火)7階 暮らしステージ


桜井ケンイチ氏、外山亜基雄氏、
平瀬マリ子氏、木村扶由子氏、
本間左小里氏、かとうゆみ氏の
人気若手陶芸作家を中心に、猫をモチーフにした
個性豊かな作品を展示販売致します。
愛らしくもユニークな猫たちが、オブジェとして、
食器として、登場!愛猫家の方、必見です!

■平瀬マリ子さんによるワークショップ / 2月25日(土)13時~14時
転写シールで作る猫モチーフのお皿作り体験ができます(参加費税込2,700円)

『暮らしの中の猫展』
『あべかずこ・佐藤恵美 ふたり猫展』
■2月22日(水)~2月28日(火)7階 正面エスカレーター横


石原 実氏、こだまみちこ氏、シマムラヒカリ氏、長島のぼる氏、
あべかずこ氏、佐藤恵美氏の6人の人気工芸作家が手がける、
ねこモチーフの染色バッグ、シルバーアクセサリー、陶器、
鋳金雑貨、銅版画、ハンドメイドフェルト小物が勢揃い!

シマムラヒカリ氏「ねこのライスボウル」など、ねこが使う器も販売致します
(※数に限りがあります)。

【藤田観光】箱根地区の再開発を加速 「蓬莱園」での高級宿泊施設開発の検討を開始 「箱根ホテル小涌園」は2018年1月10日で営業終了!箱根地区の再開発を加速。4月20日「箱根小涌園 天悠」開業に続き、「蓬莱園」での高級宿泊施設開発の検討を開始

神奈川県

posted by myAdmin

藤田観光株式会社(本社: 東京、代表取締役: 瀬川 章)では、2015年より箱根地区の再開発を進めており、2017年4月20日(木)に、新たな旗艦施設となる「箱根小涌園 天悠(てんゆう)」を開業するのに続き、2015年に取得した「蓬莱園(ほうらいえん)」における高級宿泊施設開発の検討を開始いたします。これに伴い、「箱根ホテル小涌園」は老朽化を考慮し、2018年1月10日(水)をもって営業終了することを決定いたしました。

当社は箱根小涌谷地区において1948年にリゾート事業を開始し、以後60年以上にわたり時代のニーズに合わせて、企業・団体旅行を受け入れる旅館や日帰り温浴施設等、これまでも様々な形態の事業を当エリア一帯で行ってまいりました。近年は「箱根ホテル小涌園」、「箱根小涌園ユネッサン」を旗艦施設として、団体のお客さまやファミリーのお客さまを中心にご愛顧いただいてまいりましたが、一方で旅行・レジャーのトレンドは大きく変化しており、訪日外国人の増加等も相まって、国内外のお客さまニーズは多様化してきております。こうした事業環境の変化を踏まえ、当社は中期経営計画(2015年~2019年)における基本方針の一つとして、「箱根地区の再開発」を掲げ、お客さまお一人おひとりに合わせたより付加価値の高い商品とサービスの提供を行うことを施策としております。
2016年3月に宿泊特化型旅館「美山楓林(みやまふうりん)」を開業、また国登録有形文化財建築物にも指定されている「貴賓館」と5月に「迎賓館」をそれぞれレストランとして開業いたしました。そして2017年4月20日(木)に、エリアの新たな旗艦施設となる全室温泉露天風呂付旅館「箱根小涌園 天悠」を開業予定であり、さらに「蓬莱園」における高級宿泊施設開発の検討を開始するなど、着々と準備を進めております。
「箱根ホテル小涌園」につきましては、営業終了を決定いたしましたが、1959年の開業以来、永きに亘り支えてくださったお客さま、関係者の皆さまに感謝申し上げます。当社は、今後もお客さまの多様なニーズにお応えできるよう、当エリアの恵まれた自然を最大限に活かした事業を展開してまいります。

横浜の魅力、世界へ!ショートフィルム『一粒の麦』完成発表会にシャーロット・ケイト・フォックスらが登壇~本日よりWEBにて全編公開~

神奈川県

posted by myAdmin

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)と環境未来都市にふさわしいまちづくりを進める横浜市が製作したショートフィルム『一粒の麦』の完成発表会をみなとみらいのショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターで開催し、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木勉監督、林文子横浜市長、 SSFF & ASIA代表の別所哲也らが登壇しました。


『一粒の麦』は、横浜・元町の老舗パン屋「ウチキパン」をモデルとした「ホンダパン」の4代目店主が、創業当時の味を取り戻そうと奔走する物語。フランスでパン職人をしており、腕は確かだが自分の居場所を見つけられず悩んでいる絵里子役にシャーロット・ケイト・フォックスさん、ホンダパンの店主を柄本明さんが演じています。

林文子横浜市長は「18分弱という短い時間の中に、横浜の歴史と魅力、そして脈々と受け継がれてきた人々の想いが凝縮された作品ができあがりました。この作品を通じて、横浜市が「環境未来都市」として取り組んできたことを、皆様にお伝えしていきたいと思います」と作品への感想を語りました。また、SSFF & ASIA代表の別所哲也は、「都会的な面も小麦畑のある牧歌的な面も併せ持つ横浜市。横浜の持つ様々な魅力と監督の素晴らしいアイデアが合わさって心に残るショートフィルムができました。横浜の魅力を世界中に運ぶ映画になってほしいです」と力をこめました。


シャーロットさんは「共演者の皆さんと一緒に撮影でき、非常に楽しい現場でした。明るい現場の雰囲気が、ご覧いただく皆さんに伝わればうれしいです」とコメント。鈴木勉監督は「横浜でしか作れない作品を作ろうと思い、日本のパンのルーツが横浜にあることに着目して物語を作りました。今後も横浜にあるたくさんの“ルーツ”をテーマにした作品を作っていきたいです」と意気込みを語りました。

『一粒の麦』は、2月10日(金)よりWEBにて全編公開、また、横浜市のショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターでも2月16日からのプログラム、6月のSSFF & ASIA 2017内にて上映されます。


【タイトル】 『一粒の麦』

【監督】 鈴木 勉

【出演】 シャーロット・ケイト・フォックス / 樋井明日香 / 鈴木夢奈 / シリル・コピーニ(声の出演)/ 柄本明

【作品時間】 17分59秒

【公開先】 『一粒の麦』公式サイト http://www.shortshorts.org/yokohamamirai/

【公開表記】

2017年2月10日(金)より WEBにて全編配信スタート

2017年2月16日(木)より みなとみらいブリリア ショートショート シアター「アジアプログラム」にて上映

2017年6月  SSFF & ASIA 2017

【あらすじ】

横浜の歴史あるパン屋に、突然やって来たフランスのパン職人、絵里子。「このパン、泣いてる」と店主の本多に詰め寄る。

年老いて頑固な本多と自由奔放な絵里子は相容れない。反発しながらも、パン作りを通して少しずつお互いを認め合うふたり。

そして「日本で最初のパンのレシピ」を探すという、絵里子が横浜を訪れた真の目的は、ふたりの人生を思わぬ方向へと導いていく。

時間と国境を越えた、横浜ならではの物語がここに。

 

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)とは

俳優の別所哲也が代表をつとめる米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭。1999年に東京・原宿で誕生し、2017年6月で19回目の開催を迎えます。映画祭としてはこれまでに延べ34万人を動員。オフィシャルコンペティションをはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されており、グランプリ作品は、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になります。

http://shortshorts.org/

■環境未来都市とは

環境問題や超高齢化への対応などの様々な社会的課題に総合的に取り組んで活力ある都市をつくる、国家的なプロジェクトのひとつです。横浜市は、平成23年12月、国から「環境未来都市」に選定されています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/ondan/futurecity/

 «前へ 1 2 3 »次へ