日本初上陸!5種のナッツと納豆菌&乳酸菌が 同時にとれるスーパーフード  毎日の健康キレイを応援 「Nuts bizin(ナッツビジン)」6月1日発売

茨城県

posted by myAdmin

有限会社真撰(所在地:茨城県常陸大宮市、販売責任者:三次 真一郎)は、「5種のナッツ」「納豆菌」「乳酸菌」が同時にとれるスーパーフード『Nuts bizin(ナッツビジン)』を2017年6月1日(木)に発売いたします。


舟納豆の丸真食品株式会社のグループ会社として大豆や納豆を用いた菓子の開発・販売を行っています。近年、美容健康を意識した様々な台湾食を見かけるようになったことから、台湾産の「ナッツ」に着目しました。そして、台湾・コヴィール食品株式会社の協力のもと日本での発売が実現いたしました。


「美容と健康の基本は食事から、美容健康を気軽においしく」をコンセプトに、ナッツのおいしさと伝統的な発酵食品の考えをプラスしました。ノンフライ・低温長時間ロースト製法で焼き上げたナッツに納豆菌と乳酸菌発酵パウダーをトッピングした、今までにない新しいナッツが台湾より上陸します。


ピーカンナッツ・アーモンド・カシューナッツ・ピスタチオ・クルミの5種類のナッツに納豆菌と乳酸菌の発酵パウダーをナッツのまわりにふりかけたミックスナッツです。ナッツは「低温・長時間ドライロースト製法」というナッツを7~8時間かけて焼き上げる独自製法によりナッツ本来の甘味と旨味を引き出しています。
Nuts bizin(ナッツビジン)はコヴィール食品株式会社が製造し有限会社真撰が直輸入しています。コヴィール食品株式会社は製パン企業への原料卸し会社として1984年台湾で設立されました。ISO9001、ISO22000、HACCP、台湾ハラル認証取得しています。

【商品概要】
原材料 :ピーカンナッツ、アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオ、
     クルミ、オーツ麦納豆菌末、オーツ麦乳酸菌末
内容量 :90g
原産国 :台湾
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、常温で保存してください
価格  :1,490円(税込)

▽公式サイト
▽自社購入サイト

茨城県つくばみらい市で「三井不動産ロジスティクスパークつくば」を着工!2018年3月竣工予定。丸紅ロジスティクス株式会社が一棟借り。

茨城県

posted by myAdmin

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘における、物流施設「三井不動産ロジスティクスパークつくば」(以下:「MFLPつくば」)の開発に着手いたしましたのでお知らせいたします。竣工は2018年3月末を予定しております。


当施設は、地上3階建て延床面積約25,500m2の物流施設であり、隣接する物流倉庫(つくば物流センター)の増築棟として計画しております。常磐自動車道「谷和原IC」から約7.8km、「谷田部IC」から約4.8kmに位置しております。
2017年2月末に茨城県区間の圏央道が全線開通し、都心を経由せず関越道や中央道へのアクセスが可能となり、物流の拠点として利便性の高い立地となります。また、当施設が位置するつくばみらい市は全国でも人口増加が著しい地域として注目を集めている地域であり、雇用確保にも有望な立地です。

竣工後は、丸紅ロジスティクス株式会社(本社:東京都千代田区)の入居が決定しており、入居後は、隣接するつくば物流センターと一体でご利用いただく予定です。両施設合計で延床面積は約66,000m2となり、同社最大の物流拠点として、アシックスジャパン株式会社様の取扱商品を中心に、スポーツアパレル、フットウェア商材の運営拠点となる予定です。

【物件概要】
施設名称:MFLPつくば
所在地:茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘
建物規模:地上3階建て
計画延床面積:25,458.9m2(7,701.3坪)
設計・施工:JFEシビル株式会社
スケジュール(予定):2017年5月 着工 2018年3月 竣工

『茨城空港フェスタ2017』就航都市として参加決定!3月26日(日)より片道約3時間の「茨城=那覇線」直行便が再就航することを記念して開港7周年記念イベントにて、沖縄県の特産品販売や沖縄の伝統芸能“エイサー”を披露!

茨城県

posted by myAdmin

『茨城空港フェスタ2017』は、茨城空港が2017年3月11日に開港7周年を迎えたことに加え、3月26日にスカイマーク(SKY/BC)による「茨城=那覇線」の直行便再就航と、「茨城=札幌線」の増便を記念して開催するイベント。OCVBでは、本イベントに就航都市として参加し、海ぶどうやちんすこうなど沖縄県ならではの特産品の販売や、沖縄の盆踊りとして知られる伝統芸能“エイサー”を披露する。 


「茨城=那覇線」は、2010年に開港した茨城空港と那覇空港を片道約3時間で結ぶスカイマーク(SKY/BC)の運航路線だ。今回の直行便化により、これまで片道約4時間以上かかっていた神戸空港経由便よりも移動時間を約1時間以上短縮。茨城県在住の方や北関東圏にお住まいの方にとって、沖縄への旅がますます近く、便利になった。
 OCVBでは、今回の「茨城=那覇線」直行便再就航と、『茨城空港フェスタ2017』参加を通じて、今後もまだ知られていない離島を含めた沖縄の魅力を皆様へ伝えていく。

<『茨城空港フェスタ2017』 沖縄県実施概要>
■特産品販売
・日時 : 3月24日(金)~26日(日) 各日10:00~15:00
・場所 : 茨城空港ターミナルビル1階ロビー
・内容 : 海ぶどうやちんすこう、紅芋タルト、沖縄そばなど沖縄県ならではの特産品の販売


■ステージイベント
・日時 : 3月26日(日) 12:15~12:45(予定)
・場所 : 茨城空港ターミナルビル2階送迎デッキ
・内容 : 国内に留まらず、海外にも活動の場を広げる沖縄の伝統芸能“エイサー”のパフォーマンス集団「琉球國祭り太鼓」が総勢16名で迫力満点のステージを披露

≪エイサーパフォーマンス集団 「琉球國祭り太鼓」 プロフィール≫
沖縄の伝統芸能エイサーをベースに、空手の型を取り入れた独自の振り付けとダイナミックなバチさばきで、今や沖縄を代表し、若者に圧倒的な人気を誇る創作太鼓集団。1982年に沖縄市の泡瀬を中心とした若者たちによって結成されて以来、沖縄が大切にしてきた「迎恩」の心を打ち響かせてきた。沖縄を超え、日本国内46支部・海外12支部、総勢2,500名余り(2016年2月現在)の規模を誇る現在も、沖縄の文化を世界へと発信するべく、新たなる感動の創出に取り組んでいる。

<「茨城=那覇線」直行便運航概要>
■運航日:3月26日(日)以降、1日1往復 ※通年運航
■運航スケジュール:【SKY531便】茨城空港11:00出発→那覇空港14:00到着
                            【SKY532便】那覇空港14:10出発→茨城空港16:45到着
■運航機材:ボーイング737-800型機
※運航スケジュールの詳細については、茨城空港の公式HP(http://www.ibaraki-airport.net/)参照。