【藤田観光】箱根地区の再開発を加速 「蓬莱園」での高級宿泊施設開発の検討を開始 「箱根ホテル小涌園」は2018年1月10日で営業終了!箱根地区の再開発を加速。4月20日「箱根小涌園 天悠」開業に続き、「蓬莱園」での高級宿泊施設開発の検討を開始

神奈川県

posted by myAdmin

藤田観光株式会社(本社: 東京、代表取締役: 瀬川 章)では、2015年より箱根地区の再開発を進めており、2017年4月20日(木)に、新たな旗艦施設となる「箱根小涌園 天悠(てんゆう)」を開業するのに続き、2015年に取得した「蓬莱園(ほうらいえん)」における高級宿泊施設開発の検討を開始いたします。これに伴い、「箱根ホテル小涌園」は老朽化を考慮し、2018年1月10日(水)をもって営業終了することを決定いたしました。

当社は箱根小涌谷地区において1948年にリゾート事業を開始し、以後60年以上にわたり時代のニーズに合わせて、企業・団体旅行を受け入れる旅館や日帰り温浴施設等、これまでも様々な形態の事業を当エリア一帯で行ってまいりました。近年は「箱根ホテル小涌園」、「箱根小涌園ユネッサン」を旗艦施設として、団体のお客さまやファミリーのお客さまを中心にご愛顧いただいてまいりましたが、一方で旅行・レジャーのトレンドは大きく変化しており、訪日外国人の増加等も相まって、国内外のお客さまニーズは多様化してきております。こうした事業環境の変化を踏まえ、当社は中期経営計画(2015年~2019年)における基本方針の一つとして、「箱根地区の再開発」を掲げ、お客さまお一人おひとりに合わせたより付加価値の高い商品とサービスの提供を行うことを施策としております。
2016年3月に宿泊特化型旅館「美山楓林(みやまふうりん)」を開業、また国登録有形文化財建築物にも指定されている「貴賓館」と5月に「迎賓館」をそれぞれレストランとして開業いたしました。そして2017年4月20日(木)に、エリアの新たな旗艦施設となる全室温泉露天風呂付旅館「箱根小涌園 天悠」を開業予定であり、さらに「蓬莱園」における高級宿泊施設開発の検討を開始するなど、着々と準備を進めております。
「箱根ホテル小涌園」につきましては、営業終了を決定いたしましたが、1959年の開業以来、永きに亘り支えてくださったお客さま、関係者の皆さまに感謝申し上げます。当社は、今後もお客さまの多様なニーズにお応えできるよう、当エリアの恵まれた自然を最大限に活かした事業を展開してまいります。

世田谷キャンパスにおいて、先端領域の研究に対応する新たな研究・実験棟「C1棟(仮称)」が起工! -- 東京都市大学

東京都

posted by myAdmin

この新棟は、6つのコンセプト(効率化、機能維持、融通性、オープン化、セキュリティ・セーフティ、コストマネジメント)の下、変化の激しい科学技術の先端領域研究に対応
するため、建物内部の用途変更を柔軟に変更可能な仕様にするとともに、研究者間のシナジー創出を目的とした研究室・実験室の大空間化やガラス間仕切りの導入による研究のオープン化など、より魅力ある学びの環境を創出しながら、教育力・研究力のさらなる向上に取り組んでいく。


なお、本事業は創立90周年(2019年)、創立100周年(2029年)に向けた中長期計画「東京都市大学アクションプラン2030」のキャンパス教育環境向上の中核としており、そのフレキシビリティ性の高さにより、世田谷キャンパスの再整備事業において今後予定されている研究棟・実験棟の改修・改築の円滑化への貢献も期待される。
【東京都市大学 新棟(仮称:C1棟)について】
■建築主: 学校法人五島育英会(東京都渋谷区 理事長:安達 功)
■設計・監理: 学校法人五島育英会、株式会社東急設計コンサルタント、東京都市大学 堀場研究室
■施工: 東急建設株式会社
■工期: 2017年1月から2018年3月(予定)
■建物構造: 鉄骨造、地上4階建
(予定)
 1F 総合研究所 / 教室(300名収容)
 2F 自然科学科実験室・研究室 / 物理・化学・地学・生物実験室
 3F 多目的室 / 製図室
 4F エネルギー化学科実験室・研究室

■敷地面積: 4,401平方メートル
■延床面積: 7,917.46平方メートル
■コンセプト
 ○効率化
 ○機能維持
 ○融通性(フレキシビリティ、スケルトン&インフィル)
 ○オープン化
 ○セキュリティ・セーフティ(オープン化対応)
 ○コストマネジメント

■特徴
○変化の激しい科学技術の先端領域研究に対応する高い柔軟性(フレキシビリティ)を確保
○研究者間のシナジー創出を目的とした研究室・実験室の大空間化を実現
○中央部メカニカルシャフトと外壁側メカニカルバルコニーの設置により、設備の新設・変更・更新を容易化
○13m以上の大スパンを実現するため、中央部メカニカルシャフトを耐震装置に利用
○二重床による設備改修(給排水、電気)の容易化(下階への影響低減)
○ガラス間仕切りの導入による研究のオープン化(来訪者への成果展示)

『レンタル819』が緊急災害時の「BCP」にレンタル活用を強化 2月17日開店の新店舗には災害時に活用可能なビジネスバイクを250台以上配備

埼玉県

posted by myAdmin

オートバイのレンタルサービス:『レンタル819』( http://www.rental819.com )を全国展開する株式会社キズキレンタルサービス(所在地:埼玉県川口市、代表取締役:松崎 一成)は、以前より緊急災害時の事業継続計画(BCP)に対して、オートバイという災害時に有意義な機動性の高いオートバイを取扱う企業の社会的貢献の視点から、各公共機関及び関連企業など公共性の高い団体との、緊急災害時や非常時におけるレンタルオートバイを活用していただくべく活動してまいりました。


■50ccのビジネスバイクを250台以上準備した「成田国際空港店」をオープン
2017年2月17日(金)にオープンする「成田国際空港店」は、通常のレジャー用オートバイだけでなく緊急災害時のBCPにも役立つビジネスバイクを250台以上準備しております。
※参考: https://www.rental819.com/info/20170201.php

■グループ全体で緊急事態発生時の危機管理対策に着手
レンタル819グループでは、独自のBCPマニュアルを策定し、拠点ごとの責任者を選定し、緊急災害時に備え準備しています。
※参考: http://www.kizuki-grp.co.jp/company/bcp.html

■防災オートバイの展示
災害時の復興支援に欠かせない2輪車の利便性を訴える活動への協力。「一家に一台」役立つオートバイの存在意義と社会貢献を見据えた動きを今後も行っていきます。
※参考:防災オートバイの展示について
http://www.kizuki-grp.co.jp/csr/disasterbike.html

【鴨川シーワールド】地元女子サッカーチーム「オルカ鴨川FC」にシャチから激励の水しぶき! 2017年『鴨川市民DAY』事後レポート 今後も市制記念日の2月11日にちなみ継続的に開催

千葉県

posted by myAdmin

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、『鴨川市民DAY』を2月11日(土)(鴨川市 市制記念日)に開催し、鴨川市民を対象とした入園無料サービスと記念イベントを開催いたしました。

12:30よりマリンシアターで開催した記念イベントでは、鴨川シーワールド勝俣浩館長による特別レクチャーの後、地元鴨川を拠点とする女子サッカーチーム「オルカ鴨川FC」の北本綾子監督より、なでしこリーグ2部昇格となった昨年の試合結果報告や、新人選手の紹介などが行われました。さらに13:50から「オルカ鴨川FC」メンバーの今後益々の活躍を祈念して、シャチの「テールバースト」による豪快な水しぶきが選手たちに贈られました。
トロピカルアイランドの巨大水槽「無限の海」前では、鴨川市立鴨川中学校吹奏楽部と合唱部によるミニコンサートが行われ、園内の特設会場では、曽呂(そろ)ふるさと囃子(ばやし)保存会による地元に伝わる獅子舞が奉納されました。鴨川警察署によるパトカー・白バイの展示や、チーバくんやたいよう君、オルタン、シルキーなどのキャラクターとの記念撮影会、地元農産物等の販売などもあり、1日で合計2,317名もの鴨川市民の入園で賑わいました。
鴨川シーワールドでは今後も地域とのつながりを大切に、地域に根ざした活動を続けていきたいと考えています。なお、2月11日(鴨川市 市制記念日)にちなんだ『鴨川市民DAY』は今後も継続して開催してまいります。

■鴨川シーワールド概要

名  称 : 鴨川シーワールド
所 在 地  : 〒296-0041千葉県鴨川市東町1464-18
T E L  : 04-7093-4803
開  業  : 1970年10月1日
開園時間  : 午前9:00~午後5:00 (季節・曜日によって変動あり)
休 館 日   : 不定休
入 園 料   : 大人¥2,800、小人(4歳~中学生)¥1,400、
                 学生(高校・大学・専門学校生)¥2,200、65歳以上の方¥2,100
アクセス   : 車:館山自動車道君津I.C.より約35km、JR:東京駅から約2時間、
         アクアライン高速バス:東京駅から約2時間
U R L :http://www.kamogawa-seaworld.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kamosea 
Twitter:https://twitter.com/kamoseaOfficial

横浜の魅力、世界へ!ショートフィルム『一粒の麦』完成発表会にシャーロット・ケイト・フォックスらが登壇~本日よりWEBにて全編公開~

神奈川県

posted by myAdmin

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)と環境未来都市にふさわしいまちづくりを進める横浜市が製作したショートフィルム『一粒の麦』の完成発表会をみなとみらいのショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターで開催し、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木勉監督、林文子横浜市長、 SSFF & ASIA代表の別所哲也らが登壇しました。


『一粒の麦』は、横浜・元町の老舗パン屋「ウチキパン」をモデルとした「ホンダパン」の4代目店主が、創業当時の味を取り戻そうと奔走する物語。フランスでパン職人をしており、腕は確かだが自分の居場所を見つけられず悩んでいる絵里子役にシャーロット・ケイト・フォックスさん、ホンダパンの店主を柄本明さんが演じています。

林文子横浜市長は「18分弱という短い時間の中に、横浜の歴史と魅力、そして脈々と受け継がれてきた人々の想いが凝縮された作品ができあがりました。この作品を通じて、横浜市が「環境未来都市」として取り組んできたことを、皆様にお伝えしていきたいと思います」と作品への感想を語りました。また、SSFF & ASIA代表の別所哲也は、「都会的な面も小麦畑のある牧歌的な面も併せ持つ横浜市。横浜の持つ様々な魅力と監督の素晴らしいアイデアが合わさって心に残るショートフィルムができました。横浜の魅力を世界中に運ぶ映画になってほしいです」と力をこめました。


シャーロットさんは「共演者の皆さんと一緒に撮影でき、非常に楽しい現場でした。明るい現場の雰囲気が、ご覧いただく皆さんに伝わればうれしいです」とコメント。鈴木勉監督は「横浜でしか作れない作品を作ろうと思い、日本のパンのルーツが横浜にあることに着目して物語を作りました。今後も横浜にあるたくさんの“ルーツ”をテーマにした作品を作っていきたいです」と意気込みを語りました。

『一粒の麦』は、2月10日(金)よりWEBにて全編公開、また、横浜市のショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターでも2月16日からのプログラム、6月のSSFF & ASIA 2017内にて上映されます。


【タイトル】 『一粒の麦』

【監督】 鈴木 勉

【出演】 シャーロット・ケイト・フォックス / 樋井明日香 / 鈴木夢奈 / シリル・コピーニ(声の出演)/ 柄本明

【作品時間】 17分59秒

【公開先】 『一粒の麦』公式サイト http://www.shortshorts.org/yokohamamirai/

【公開表記】

2017年2月10日(金)より WEBにて全編配信スタート

2017年2月16日(木)より みなとみらいブリリア ショートショート シアター「アジアプログラム」にて上映

2017年6月  SSFF & ASIA 2017

【あらすじ】

横浜の歴史あるパン屋に、突然やって来たフランスのパン職人、絵里子。「このパン、泣いてる」と店主の本多に詰め寄る。

年老いて頑固な本多と自由奔放な絵里子は相容れない。反発しながらも、パン作りを通して少しずつお互いを認め合うふたり。

そして「日本で最初のパンのレシピ」を探すという、絵里子が横浜を訪れた真の目的は、ふたりの人生を思わぬ方向へと導いていく。

時間と国境を越えた、横浜ならではの物語がここに。

 

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)とは

俳優の別所哲也が代表をつとめる米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭。1999年に東京・原宿で誕生し、2017年6月で19回目の開催を迎えます。映画祭としてはこれまでに延べ34万人を動員。オフィシャルコンペティションをはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されており、グランプリ作品は、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になります。

http://shortshorts.org/

■環境未来都市とは

環境問題や超高齢化への対応などの様々な社会的課題に総合的に取り組んで活力ある都市をつくる、国家的なプロジェクトのひとつです。横浜市は、平成23年12月、国から「環境未来都市」に選定されています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/ondan/futurecity/

‹ First  «前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 »次へ