東京都

全国のグルメ・物産と約100体以上のご当地キャラが大集合!「町イチ!村イチ!2017」開催! ◇主催:全国町村会 12/2,3(東京国際フォーラム) 入場無料◇

全国町村会(会長:荒木 泰臣/熊本県嘉島町長)は、全国の町村が一堂に会し、特産品や観光資源などをアピールするイベント「町イ チ!村イチ!2017」を12月2(土)、3(日)の両日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催します。本年は12月の開催(前回は9月開催)にちなみ、会場内ロビーギャラリーへ巨大な「クリスマスツリー」や「そり」を設置するほか、クリスマスをイメージさせる演出や装飾を予定、来場者にクリスマスの雰囲気を堪能していただく趣向です。また、各日とも先着15,000名にオリジナルエコバッグをプレゼント致します。

全国町村会(会長:荒木 泰臣/熊本県嘉島町長)は、全国の町村が一堂に会し、特産品や観光資源などをアピールするイベント「町イチ!村イチ!2017」を12月2(土)、3(日)の両日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催します。
このイベントは、特産品や観光資源など町村の魅力を首都圏の人々へアピールすることを目的にしています。平成23年に1回目を開催し、今回で4回目を迎えます。前回(第3回)は2日間で、延べ5万2千人がメイン会場に来場し、活況を呈しました。町村に出展者を限定している点が特徴で、今回は日本全国から約340町村もの参加を予定しています。

毎回ご好評頂いている、町村自慢のグルメ、物産、ご当地キャラに加え、郷土芸能やパフォーマンスを披露するステージや町村関係者と来場者が交流する場となる「あの町!この村!暮らしのイロハ情報コーナー ~あったらいいな。こんなふるさと~」も開設します。
暮らしのイロハ情報コーナーでは、先着で「町イチ!村イチ!2017」オリジナルのノベルティ配布も予定しています。
また、今回は12月の開催(前回は9月開催)にちなみ、会場内ロビーギャラリーへ巨大な「クリスマスツリー」や「そり」を設置するほか、クリスマスをイメージさせる演出や装飾を予定。来場者に、クリスマスの雰囲気を堪能していただければと考えています。
イベント会場は、北海道、東北、関東、北信・東海、近畿、中国・四国、九州の7つのエリアに分かれています。<特産品展示・販売コーナー>では、「じゅんさい」(秋田県三種町)「小川和紙」(埼玉県小川町)「香住ガニ」(兵庫県香美町)「陶助おこし」(佐賀県有田町)などを購入できます。一部商品は試飲・試食も可能です。

<食堂コーナー>では「能登豚丼」(石川県中能登町)「半田そうめん」(徳島県つるぎ町)等ご当地グルメが楽しめます。
特設ステージでは町村ごとに特色ある郷土芸能やユニークなパフォーマンスをご覧いただけます。
さらには、熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」、富山県下新川郡入善町のマスコットキャラクター「ジャンボ〜ル三世」など約100体以上の「ご当地キャラ」が会場の各所でパフォーマンスを繰り広げます。また、「震災復興応援コーナー」では、被災地で復興に取り組む町村や団体の活動を紹介します。

= 「町イチ!村イチ!2017」概要 =

日 時: 平成29年12月2日(土)12時~19時
3日(日)10時~17時
場 所: 東京国際フォーラム ホールE、ロビーギャラリー
(東京都千代田区丸の内3-5-1)
サテライト会場: 有楽町駅前地上広場(有楽町駅前)
入場料: 無料
主 催: 全国町村会
後 援: 内閣府、総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、観光庁、全国知事会、全国市長会、全国都道府県議会議長会、全国市議会議長会、全国町村議会議長会、東京都、読売新聞社