「懐かしいのに新しい」ザクザク食感で幸せ溢れる!カンロ「ナッツボン キャラメルナッツクランチ」リニューアル ~世代を超えて愛される“レトロかわいい”パッケージ~

まとめ

カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 三須 和泰、以下 カンロ)は、口いっぱいに広がるキャラメルの風味とたっぷり入ったナッツクランチのザクザク食感を楽しむことができる「ナッツボン キャラメルナッツクランチ」をリニューアルし、2021年9月21日(火)より全国で発売。

《噛んで食べるナッツクランチキャンディがリニューアル!「レトロかわいい」世界観に一新》
「ナッツボン キャラメルナッツクランチ」は、1968年の発売から50年以上多くの皆さまに愛されているナッツクランチキャンディです。焙煎したピーナッツをたっぷり包み込んだキャラメル味のキャンディは、カリッと口の中で砕けるザクザク食感が特徴で、1つ食べるとまたすぐ次が食べたくなるクセになる味わいです。

今般のリニューアルでは、「懐かしいのに、新しい」をテーマに設定。より幅広い世代に愛される商品を目指し、食べたことがある方には「懐かしい」、初めてナッツボンを知る方には「新しい」と感じてもらえるようデザインを一新しました。

パッケージは、若い世代の間でトレンドとなり、幅広いジャンルで注目される「レトロ」をキーワードにデザインを一新しました。今回から新たにクラフト紙風印刷を取り入れ、昔ながらの純喫茶をイメージしたデザインにすることで、長年愛されてきた歴代パッケージの面影を残しながらも雑貨のような”レトロかわいい”世界観を表現。真ん中で幸せそうにナッツボンを頬張る“ナッツぼうや”のイラストとキャッチコピーで、噛んだときのザクザク食感と食べたときの幸せ感を伝えています。

《賞味期限が6カ月から12カ月に!原料と焙煎方法の変更でおいしさ長持ち》
当社は経営方針として「サステナブル経営」を掲げ、SDGsの指針に則って活動を進めております。「事業を通じた環境負荷削減」の取り組みの一つとして賞味期限延長による食品ロス削減を行っており、本商品においてもピーナッツの種類を変更し、焙煎方法を研究し直すことで、おいしさが長持ちするようにしました。ピーナッツは酸化しづらい良質な油を多く含む、こだわりの指定品種を厳選。さらに何パターンも検証を重ねて辿り着いた焙煎(ロースト)方法により、賞味期限が6か月から12か月へ大幅に延長しています。

袋を開けた瞬間に広がる香ばしいナッツとキャラメルの香りと、クランチ層・ナッツ&キャラメルキャンディ層・キャラメルキャンディ層の3層構造による風味豊かな味わいは、コーヒーと合わせて食べるのにぴったり。仕事や勉強のお供、ブレイクタイムでのご褒美などに、止まらないザクザク食感を楽しみながらぜひお召し上がりください。

まとめ
わが街情報(まとめ)ニュース、トピックス
タイトルとURLをコピーしました