展覧会「オムニスカルプチャーズ ー彫刻となる場所」を4月5日から開催

まとめ

武蔵野美術大学 美術館・図書館は展覧会「オムニスカルプチャーズー彫刻となる場所」を開催します。戸谷成雄、舟越桂、伊藤誠、青木野枝、三沢厚彦、西尾康之、棚田康司、須田悦弘、小谷元彦、金氏徹平、長谷川さちといった現代彫刻を牽引する多彩な彫刻家11名が参加し、新作を中心に展示します。さらに画家である杉戸洋の独自の空間意識が展示構成に関わることで、予定調和に収まらない彫刻空間を作り上げます。

「オムニスカルプチャー」は、様々な思考や表現法によって拡張可能な彫刻において、彫刻の全方位性(≒omni)を示す、三沢厚彦による造語です。本展では、「オムニ」という彫刻の一つの概念をめぐって、多様なアーティストの作品が共生、あるいは対峙することによって、彫刻の新たな可能性を浮上させます。

展覧会概要

「オムニスカルプチャーズー彫刻となる場所」
会期:2021年4月5日(月)〜6月20日(日)  ※会期などは変更になる場合があります。
会場:武蔵野美術大学美術館 アトリウム 1・2、展示室 1・2、
開館時間:10:00–18:00(土曜、祝日、特別開館日は17:00閉館)
休館日:日曜日 ただし6月13日・20日は特別開館日
入館料:無料

主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館  https://mauml.musabi.ac.jp
協力:ANOMALY、ケンジタキギャラリー、小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツ、西村画廊、ヒノギャラリー、ミヅマアートギャラリー、武蔵野美術大学 彫刻学科研究室
監修:三沢厚彦(彫刻家/武蔵野美術大学 造形学部彫刻学科教授)

まとめ
わが街情報(まとめ)ニュース、トピックス
タイトルとURLをコピーしました