歌人・若山牧水と現代の若者の心がリンクする、トクマルシューゴさん楽曲書き下ろし「あこがれ(Music Video)」を本日より公開! 懐かしくも新しい“短歌”で魅力発信「ヒュー!日向 ヒュー!短歌」プロモーション開始!

まとめ

国民的歌人・若山牧水の生まれ故郷である宮崎県日向市(以下、当市。)は、現代版にアップデートして“短歌”と日向の魅力を広い世代に伝える「ヒュー!日向 ヒュー!短歌」プロモーションを本日6月18日(金)より開始します。

その一環として、日向で生まれ育ち、数多くの短歌を残した歌人・若山牧水(わかやま・ぼくすい)の作品と生涯をテーマに、国内外のミュージックシーンで高い評価を誇るミュージシャン・トクマルシューゴさんが楽曲を書き下ろし、数多くの賞を受賞するアニメーション監督の平岡政展(ひらおか・まさのぶ)さんを迎えたヒュー!日向 ヒュー!短歌テーマソング「あこがれ(Music Video)」(URL: https://youtu.be/MUonfRhu8bI)を公開します。

ヒュー!日向ヒュー!短歌テーマソング「あこがれ(Music Video)」

当市は、国民的歌人・若山牧水が生まれ育った地であり、「牧水・短歌甲子園」という大会を毎年開催するなど、若者たちにも「短歌」の文化が受け継がれている貴重な町です。そして今も変わらず、海、山、川といった豊かな大自然に恵まれ、思わずヒュー!と一首詠みたくなるような景色や体験にあふれた場所でもあります。今回の「ヒュー!日向 ヒュー!短歌」プロモーションでは、世代を超えて愛される「短歌」を軸とした様々な施策を行い、「短歌」という誰もが一瞬の感動を永遠にできる文化を体験しながら楽しむ、新しい旅の形を提案します。

―ヒュー!日向 ヒュー!短歌テーマソング「あこがれ(Music Video)」を公開
本日より公開するMVでは、歌人・若山牧水の作品と生涯をテーマに、短歌の街・日向に生きる今の若者の心がリンクするストーリーを描いています。牧水の短歌からインスパイアされた(本歌取りした)歌詞はすべて、五・七・五・七・七で構成され、国内外に熱烈なファンを持つミュージシャン・トクマルシューゴさんが新曲を今回のために書き下ろし、詩情あふれる清冽な歌声と表現力、疾走感ときらめきのあるメロディ&アレンジで短歌の世界を新しく表現しています。
アニメーション監督には、文化庁メディア芸術祭や海外の広告祭で数々の受賞経験があり、国内外問わず活動する平岡政展さんを迎えて、日向の美しい風景を随所にとりいれながら、牧水と若者、時代を超えた二人が抱える葛藤や焦り、ときめきや希望が、美しくシンクロした映像を制作してもらいました。
心が沈みがちになることも多い時代に、牧水のように自分ではどうにもできない気持ちを、自分だけの短歌に込めて詠むことで、この日々をかけがえのないものにしてもらいたい、そんな想いが込められています。

― 高妍(ガオ・イェン)さん書き下ろしの短歌ポスターを制作、オリジナルパンフレットも
当市を代表する「日向岬展望台」「美々津」「お倉ヶ浜」「東郷」「へべす」などの名所、名物をテーマにした短歌と、台湾と日本で活躍する新進気鋭のイラストレーター・漫画家の高妍さんが、その短歌の世界観を書き下ろしたポスターを制作。高妍さんならではの叙情的な視点とやわらかな色彩と緻密なタッチで、日向の大自然の中で暮らす若者の青春の風景を描いています。また「世界でひとつだけのヒュー!日向 ヒュー!短歌ガイドブック」も制作。高妍さんの美しいイラストを楽しみながら、冊子にはあえて名所の解説がない空白の部分を多く作ってあり、名所を訪れるたびに自分で短歌を書き込んで、あなただけの旅の思い出のパンフレットを作ることができます。その他、ノベルティグッズの制作や、移住情報サイト「ヒュー!日向 ヒュー!っと移住」(URL:https://phew-hyuga-iju.jp/)をオープンし、日向に移住した先輩移住者へインタビューや、移住相談会の情報、移住までの流れを分かりやすく解説したコンテンツなどを発信するなど、さまざまな活動を行っていきます。

▼「あこがれ(Music Video)」概要
■タイトル:「あこがれ(Music Video)」(2分20秒)
■公開先:(YouTubeURL)https://youtu.be/MUonfRhu8bI
■概要:
日向の美しい自然や風景に囲まれて育ち、その中で歌を詠む心も育てた若山牧水。彼は恋心や郷愁など、自分にはどうにもできないやるせない気持ちを生涯かけて短歌に昇華させた詩人でした。本動画は、そんな若山牧水と、短歌の街・日向に生きる今の若者の心がリンクする瞬間を描いた作品です。心が沈みがちになることも多い時代に、あなたも自分だけの短歌を詠むことで、この日々をかけがえのないものにしてもらいたい、そんな想いを込めて制作しました。
音楽は、トクマルシューゴさんが新曲「あこがれ(Music Video)」を今回のために書き下ろし。詩情あふれる清冽な歌声と表現力、疾走感ときらめきのあるメロディやアレンジなど、若山牧水の短歌の世界やこの時代に短歌を詠む心を、新しく表現してくださいました。若山牧水の短歌からインスパイアされた(本歌取りした)歌詞はすべて、五・七・五・七・七で構成されています。アニメーション監督には平岡政展さんを迎え、牧水と若者、時代を超えた二人が抱える葛藤や焦り、ときめきや希望が、美しくシンクロしたアニメーションに仕上がっています。

■ストーリー:
動画は、若山牧水の有名な短歌作品から始まります。「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」白い鳥が日向の海と空を漂っていると、教室にいる、どこか寂しげな表情の少女をとらえます。その手には若山牧水の短歌集。ひとり日向のまちを巡り、ベンチで短歌を読んでいると、やがて心と時代がシンクロし、若山牧水と少女の旅が始まります。ひとり山と川の間をさまよう若山牧水の体は、次第に旅の途中に出会った鳥など変化していきます。そこには、色々なものに憧れ続ける人間の不安と希望が表現されています。そんな牧水の世界に触れることにより、孤独の中にいながらも少女の気持ちに風が通ります。少しずつ足取りが軽くなり、最後は走り出します。彼女を象徴するように、白い鳥が日向岬へと羽ばたいていきます。東郷ののどかな風景の中、短歌を詠む牧水の姿で、少女と牧水の旅は終わります。 

■「あこがれ(Music Video)」歌詞:

そらとうみ あいだをただよう あのとりの
なまえはなんて いうんだろうか

やまとかわ あいだをさまよう あのひとの
なまえはなんて いうんだろうか

このひびに おわれてるんだ このたびは
おわりがないね おわらせたいね

きょうとあす さかいがないよな このごろを
おもいだすには どうすればいい

きせつから おいていかれた このこころ
とりもどすには どうすればいい

このこえを きかせたいんだ なみをこえ
とおいばしょまで きみのちかくまで

きみのこえ きいていたいんだ うみをこえ
たそがれみたいな あごがれみたいな

こがれてく あこがれていく こがれてく
あこがれていく いつかあいにいく

音楽:トクマルシューゴ

東京出身。ギターと玩具を主軸に無数の楽器を演奏する音楽家。楽曲の全てを作詞・作曲、演奏、アレンジ、レコーディング、ミキシングまでひとりで手掛ける。2004年、米NYのインディ・レーベルより、1stアルバム『Night Piece』をリリース。無名の日本人、日本語歌詞であったにもかかわらず、各国のメディアで絶賛を浴び、世界中から注文が殺到して初回プレス分は瞬く間に売り切れる。「Clocca」がバンクーバーオリンピックのスポットCMに起用。無印良品のCMを手がけるなど、全国的に知名度を上げていく。2011年には自身が主催する”TONOFON”を立ち上げフェスなどを開催。フジロックにて満員のWHITE STAGEに出演。2015年いしいしんじ原作の舞台『麦ふみクーツェ』の音楽監督を勤める。

 コメント:日向市の美しい風景と、日向市で育った人たち、日向市を訪れた人たち、それぞれの過去と未来が交差するように想いを込めました。自分自身にも宮崎県民の血が半分流れているので、音楽も自然に溶け合ってくれれば嬉しいです。
 

アニメーション監督:平岡 政展(ひらおか・まさのぶ)

映像ディレクター。2017年アニメ「リトルウィッチアカデミア」のEDを担当。 日清カップヌードル「アオハルかよ。」をはじめアニメーションと企業広告をうまく融合させ、印象に残る映像を数多く手掛けている。BATTLES、FLYING LOTUS 、RED HOT CHILI PEPERSなど海外アーティストとの仕事も多く、国内問わず活動の幅を広げている。

コメント:高妍さんとトクマルシューゴさんが日向市と若山牧水をテーマにして、素敵な絵と歌を制作していただいたので、アニメーションで二つの世界を繋げれるように意識し、制作しました。とても素敵な映像が完成しましたので、ぜひ一度見ていただけると幸いです。また、今回日向市には行くことが出来なかったのですが、コロナが収束した際は、自然豊かな日向市に遊びにいきたいと思っています!

■制作スタッフ:
CD・コピーライター・プランナー:細川美和子
アートディレクター・プランナー:宮下良介
PRプランナー・プランナー:佐々木美和
クリエイティブプロデューサー:清水敦之
アカウントエグゼクティブ:梅原琢磨
プロデューサー:小澤祐治
プロダクションマネージャー:佐藤洋輔
演出:平岡政展
アニメーター:上原 史之,中内由紀恵
イラストレーター:高妍
アニメーションプロデューサー:別所梢
ミキサー:石黒 広明
音楽:トクマルシューゴ
プロダクション:ギークピクチュアズ

▼ポスター概要
当市を代表する「日向岬展望台」「美々津」「お倉ヶ浜」「東郷」「へべす」をテーマにした短歌と、イラストレーター・漫画家の高妍さんがその短歌の世界観を書き下ろしたポスターを制作。高妍さんの旅情を感じる独特のやわらかな色彩と緻密なタッチにより、日向の大自然と現代の若者のリアルな生活を描いています。計5デザインのポスターは市内の観光地などに掲出します。

イラスト:高妍(ガオ・イェン)

1996年台湾‧台北生まれ。イラストレーター、漫画家。
村上春樹氏によるエッセイ『猫を棄てる 父親について語る時』(文藝春秋)の表紙と挿絵を担当。
細野晴臣氏の歌に着想した短編漫画「緑の歌」をきっかけに、日本でもイラストや漫画の仕事を行うようになり、
今は「緑の歌」を描き直し、2021年春から月刊コミックビームにて連載中。

コメント:この度、宮崎県日向市の地方PR「ヒュー!日向 ヒュー!短歌」のイラストレーションを担当させていただき、とても光栄に存じます。 日向市の第一印象は、美しく壮観な岩と海、豊かな緑とのんびりとした雰囲気、そして歌人の町でした。写真だけではなく、若山牧水氏の短歌を通じて見た日向市が、さらに美しく見えます。
その美しさをイラストレーションとアニメーションで伝えられて、とても満足でした。制作チームの皆さまのおかげで、素敵な作品に仕上げることができ、心より深く感謝申し上げます。
コロナ禍で海外旅行がなかなかできない日々がしばらく続きますが、国内にも日向市のような美しい場所があるのではないでしょうか。

~太平洋が見渡せる絶景 日向岬展望台~
「岬にて 見つめる先に 誰がいる 一周まわれば わたしがいるけど」

馬ヶ背の先端にある、海と空と大地が交わる小さな展望台。目の前にはさえぎるものが何もなく、パノラマに広がる太平洋が一望できる場所です。丸い地球が生み出した絶景を、深呼吸して味わってください。このあたり一帯は日豊海岸国定公園の南端に位置するリアス海岸で、全長は約5㎞ほど。周辺には遊歩道が巡らされ、のんびりと散策が楽しめます。日向を代表する観光地です。

【短歌の解説・メッセージ】
日向岬の先には丸い地球を感じる海が広がっています。それを眺める好きな人の背中を、眺めている人の歌です。

~若山牧水を育てた 東郷~
「ふるさとは 生まれた場所とは かぎらない 帰りたくなる 場所がふるさと」

旅と自然を愛した歌人、若山牧水。東郷地域には今でも牧水の生家が残されています。目の前に広がる尾鈴の山並みとすぐそばを流れる坪谷川。「川に育てられた子ども」と言われるぐらい、牧水は泳ぎや鮎釣りが好きでした。すぐ近くの牧水公園には、若山牧水記念文学館やキャンプ場、春には3万本のつつじ、夏になると開かれる河川プールなどがあり、いろいろな楽しみ方ができます。

【短歌の解説・メッセージ】
ゆかりがまったくなくても、まるでふるさとのように感じてしまう魅力が日向にはあります。

~美しい町並みと神話が続く 美々津~
「神様が 勇気を出して 船出した 美々津で私は 何を始めよう」

歴史あるたたずまいを残す港町。海の交易の拠点としてかつては廻船問屋が栄え、現在その町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
さらにさかのぼると神武天皇のお舟出の地という伝説も持ち、今でもその神話にちなんだ「おきよ祭り」が開催されています。幼い牧水が初めて海を見て、生涯忘れられない衝撃を受けたのも、耳川から美々津へ舟でくだった時だそうです。

【短歌の解説・メッセージ】
美々津は初代天皇である神武天皇がお舟出したという神話がある、何かを始めるには縁起のいい港町なのです。

~4㎞広がる白浜 お倉ヶ浜~
「この広い 浜辺のどこかに きみがいる 波が前より やさしく聞こえる」

おだやかな海からのぼる朝日を、ゆったりと浴びることができるお倉ヶ浜。全長4㎞にわたって美しい砂浜が広がり、日本の渚百選にも選ばれています。サーフィンの聖地としても全国に知られ、朝早くから波待ちをするサーファーの姿が点在しています。この海で早朝と夕方、サーフィンをしたくて移住する人も増えています。日向には他にも伊勢ヶ浜や金ヶ浜などの名所があります。

【短歌の解説・メッセージ】
4kmも広がる美しい砂浜のお倉ヶ浜には、朝日がのぼる時間からサーファーが海にポツポツと漂っています。

~幻の柑橘 へべす~
「みんなには 教えたくない 教えたい へべすの味で きみを思い出す」

生産量が少ないことから幻の果実と言われてきた日向市発祥の柑橘。皮がうすく、種が少なく、果汁が多いのが特徴で、さわやかな香りとまろやかな酸味が愛されてきました。地元の人は焼酎やビールなどにたっぷり入れて楽しんでいます。同じく日向名物のなめらかでクリーミーな細島いわがきにぎゅっとしぼっても最高です。いわがきは細島湾内にて、すべて手作業で大切に育てられています。

【短歌の解説・メッセージ】
幻と呼ばれ、日向以外では滅多に出会えないへべすは甘酸っぱく、一度食べたら忘れられない味です。

▼パンフレット概要
「ヒュー!日向 ヒュー!短歌」のガイドブックを制作。冊子の空白に自分で短歌を書き込んで、世界に一つだけのパンフレットを作ることができます。市内の各スポットで配布します。

(※画像はイメージ、一部ページを抜粋)

▼移住情報サイト「ヒュー!日向 ヒュー!っと移住」概要
市外からの移住者の増加を目的に、移住情報サイト「ヒュー!日向 ヒュー!っと移住」をオープン。実際に移住した方のインタビューや、移住相談会の情報、移住までの流れを分かりやすく解説したコンテンツを中心に、日向でのリラックスした暮らしの魅力を発信していきます。
URL:https://phew-hyuga-iju.jp/

まとめ
わが街情報(まとめ)ニュース、トピックス
タイトルとURLをコピーしました