ASTRAX、民間による宇宙開拓のための 宇宙サービスプラットフォーム始動

まとめ

株式会社ASTRAX(本社:神奈川県鎌倉市)は、民間による宇宙開拓のための宇宙サービスプラットフォームの運用を開始しましたことをお知らせいたします。

国際宇宙会議(IAC)2020において、「ブロックチェーン技術を利用した月面経済圏構想」、「ブロックチェーン技術を利用したユニバーサルサービスプラットフォーム(太陽系経済圏構想)」、「最新型宇宙サービスアクセスアプリケーションツール「ASTRAX U2U (Universal User Interface)」など14個の論文発表を行い、民間による太陽系経済圏の構築に向けた本格的な事業展開を進めていくことになりました。

人類の生活圏(経済圏)が月や火星に広がろうとしている今、当社では、世界中の民間宇宙事業者による様々な宇宙商品や宇宙サービスを世界中の需要者に提供するために、適切かつ迅速に需要と供給をマッチングさせるための民間宇宙サービスプラットフォーム(ASTRAX UNIVERSAL SERVICE PLATFORM)づくりを開始しました。

[アストラックス]ASTRAX太陽系経済圏(生活圏)構想/ASTRAX UNIVERSAL SERVICE PLATFORM and U2U by Blockchain Technology

■民間宇宙サービスプラットフォーム(ASTRAX UNIVERSAL SERVICE PLATFORM)の概要

民間宇宙船が世界中の行き来や、地球と月や火星を行き来するための交通手段となり、私たちの活動領域(生活圏)は太陽系規模に広がろうとしています。当社では、地球上だけでなく、宇宙空間や月や火星、さらには太陽系全体を私たちの経済圏(安全で快適な生活圏)にするために、様々なシステムや設備、人材やツールなどを開発し、提供していくことに注力しております。当社による民間宇宙サービスプラットフォームは以下に示す様々なシステムやサービスによって構成されています(既存のもの、開発中のもの、今後開発予定のものを含みます)。

ASTRAX Space Mission (Life) Support and Control Center (ASTRAX宇宙船運用管制センター)

[ASTRAX IMAGINE] SPACE FLIGHT ATTENDANT PV/宇宙フライトアテンダントPV

当社はASTRAXブランドの80以上ある宇宙事業を展開しており、様々な宇宙商品、宇宙サービス、宇宙プロジェクトなどの提供だけでなく、ASTRAXグループや関連企業、関連する人々の紹介やマッチングを行なっております。さらに海外のビジネスパートナーである民間宇宙事業者とも繋がっています。当社は、関連会社である有限会社国際宇宙サービスが生み出したサービスを世の中に広め、一人でも多くの方々が民間宇宙事業に参入できる機会を提供しています。

「宇宙といえばASTRAX」という、全く新しい民間宇宙ブランドを確立していきます。

まとめ
わが街情報(まとめ)ニュース、トピックス
タイトルとURLをコピーしました