Instagramの更新をGoogleマイビジネスにそのまま反映。いつものインスタ運用だけでマイビジネスも施策可能に。 ローカルSEO順位計測・施策、Googleマイビジネス管理のGyro-n(ジャイロン)に7月7日新機能誕生

まとめ
Googleマイビジネス管理とローカルSEOのツール「Gyro-n(ジャイロン)」に、Instagramへの投稿をGoogleマイビジネスにも自動で投稿する新機能「インスタグラム連携」が誕生しました。普段通りインスタアプリからインスタ投稿をするだけで同時にGoogleマイビジネス/ローカルSEOの投稿施策もこなせます。

インスタグラムの投稿をGoogleマイビジネスへ自動投稿
Gyro-nのMEO機能では、インスタを更新するだけで連携によるGMBに自動投稿ができます。

株式会社ユニヴァ・ジャイロン(東京都港区/代表取締役社長CEO・島津久厚)は、Googleマイビジネスの管理とローカルSEO(MEO)のための順位計測・施策管理のツール「Gyro-n(ジャイロン)」に、Instagramへの投稿を自動でGoogleマイビジネスにも投稿する新機能・インスタグラム連携機能を7月7日よりサービス開始しました。
検索や地図アプリから店舗への集客施策として近年大きく注目を集めるローカルSEO(MEO)では、常に正確な店舗情報や、対策キーワードを踏まえた情報発信をGoogleマイビジネスや店舗公式ウェブサイト等で続けていくことが重要です。Googleマイビジネスへの「投稿」は、これら店舗情報の管理やユーザーの口コミ獲得施策と並んでローカルSEO上特に重要な施策ですが、本業で忙しい店舗オーナーや多店舗を一括管理する本部マーケティング担当者にとって毎日のきめ細かな投稿作業の実行は大きな負担がかかる問題がありました。
このたびGyro-nでリリースした「インスタグラム連携機能」を使えば、普段通りにインスタグラムのアプリからインスタ更新をしているだけでGoogleマイビジネスにも同時に連携投稿されるようになるため、マイビジネス投稿にかかる負荷を削減した上でローカルSEOの施策まで簡単にこなせるようになります。

インスタグラムとGoogleマイビジネスのアカウントをまずGyro-nに連携、その上でGoogleマイビジネスに連携させる投稿を見分けるためのハッシュ付きキーワードを設定しておくだけで準備は完了。
あとはインスタアプリから設定したキーワードを含めていつも通りの投稿をするだけで、店舗のマイビジネスに同じ内容が自動で投稿されます。
「インスタグラム連携」機能はGyro-nのMEOの通常機能として実装、機能を使うためのオプション料金等はかからず、月額1,500円からの基本プランでご利用いただけます。

<Gyro-nインスタ投稿の4パターン>

(1)インスタ1アカウントからマイビジネス1店舗に連携
インスタ、マイビジネスそれぞれ1アカウントずつを連携。あらかじめ指定しておいたキーワードを含む投稿だけがGoogleマイビジネスに投稿されます。

(2)インスタ1アカウントからマイビジネス複数店舗に連携
必要な店舗数分のマイビジネスアカウントを連携(管理店舗数分のオプション料金が必要)。識別用キーワードは店舗ごとに設定できるため、インスタ投稿に含めるキーワードを書き分けるだけで連携投稿先の店舗を指定できます。

(3)インスタ複数アカウントからマイビジネス1店舗に連携
インスタアカウントは制限なくいくつでも連携可能(追加料金不要)。店舗スタッフや関係者による投稿に識別用キーワードを加えておけば、複数人でGoogleマイビジネス投稿の管理も可能です。

(4)インスタ複数アカウントからマイビジネス複数店舗に連携
2と3との複合方法です。複数人のインスタアカウントとGoogleマイビジネスアカウントをすべて連携しておき、各店舗ごとの識別用キーワードを設定しておけば、複数の担当者から複数の店舗のマイビジネス投稿を、使い慣れたインスタアプリから管理できるようになります。

まとめ
わが街情報(まとめ)ニュース、トピックス
タイトルとURLをコピーしました